RSS このブログをはてなアンテナに追加 このブログあるいはエントリをはてなブックマークに追加 人気blogランキング
2005年11月21日

結婚相手に求める条件を振り返るよ

結婚相手に求める条件


国立社会保障・人口問題研究所が2002年に実施した第12回出生動向基本調査 結婚と出産に関する全国調査と言うものがある(2002年とちょっと古いデータなのはこの調査は5年ごとに行っているためだ)。

この調査によると、男女とも、相手の「人柄」「家事・育児に対する能力や姿勢(家事育児)」「自分の仕事に対する理解と協力(仕事理解)」の順で重視していることがわかる。一方で「職業」「経済力」「容姿」の条件は1992年から、男女ともほとんど重視していないようだ。13年前、僕が中学生だった頃は「結婚条件は三高」というキーワードがあったが、当時から女性は「学歴」を考慮はするものの重視していないし、今はさらに重視しなくなっている傾向にあることがわかる。


そのほかのデータを見比べていると、専業主婦になりたいという人が減少していることが見て取れる。この流れにより、仕事のキャリアを積んだ女性にとっては、結婚しても仕事を続けられる環境が整う人であることが結婚相手の条件になるのだろうと推測できる。自立した、キャリアのある人が無理して結婚しないという選択肢もあるということは、結婚を決意したときというエントリに頂いたコメントからもなんとなく伺えている。

翻ってみると、僕の場合、よくぞ彼女のツボにはまったと感じる。僕の場合はものすごく人柄がよいわけでもないし、特別家事能力が高いわけでもない。ぜいぜい彼女の仕事に対する理解があるくらいだが、データによるとごく一般的な傾向のようだ。しかも彼女はその条件を求めてはいなかった。

心当たりといえば、「家事育児」のうち料理だろうか。彼女はよく僕に胃袋をつかまれていると言う。同じものを美味しいと感じ、僕が作った料理を美味しいと食べてくれるのだ。それ以外に結婚相手として満たした条件は、多分何かあるのだろうけれども、気恥ずかしいので聞いてはいない。ないならないで、ショックを受けるし。

僕が彼女と結婚した理由


僕の場合、彼女を選んだのは上記の選択肢で言うなら「人柄」「経済力」「仕事理解」だった。もう既に結婚しているので、求める条件ではなく、なぜ結婚したのかと言う切り口で整理してみる。

「人柄」


彼女となら、一人よりも充実した毎日を送れるという確信があった。なぜなら、彼女は僕の予想をよく裏切り、予想もできない言動で僕を笑わせてくれるのだ。軟禁されそうになったときは笑い死ぬところだった。そして僕と考え方や感じ方が全く違うため、意見が合わないときもあるけれども、僕自身が気がつかないことを教えてくれるときのほうが多い。そして、彼女の影響を受けて、自分自身が新しい価値観を知ったということも大きい。正確には人柄と言うよりも物の観点だが、それを重視したということになる。

「経済力」


別にいやらしい意味ではない(そう書くと余計にいやらしい気もする)。これは最悪、僕に何かがあっても、彼女は何とかできるキャリアがある。これが僕の結婚に対する不安を取り除く効果が大きかったように思う。何がおきるかわからないけれども、彼女が結婚生活に不自由を感じたときに、自分から離婚するという選択も出来るわけだ。もしくは、お互いが経済的に助け合う体制を選択できる。選択は多いに越したことはない。

なお、僕らの場合、なんとか僕が家計を支えることも可能だったが、彼女の希望で折半にした。僕に経済的に依存したくない、という彼女の心意気が好ましく映ったのも事実だ。

「仕事理解」


仕事と私のどっちが大切なのかという彼女の質問にためらいもなく仕事と答える僕には実はこれが何よりも大きい。正直、責任を持って仕事をしている以上、どうしても優先しなければならないときがある。自分の努力ではどうならない不可避なときもある。そんなとき、彼女は、渋々だけれども決して無理を言わずに理解を示してくれる。

ただ、これは一方的に彼女が我慢するものではない。このときに、これが純然たる僕の借りなのだと彼女は伝えてくれる。それが非常に明快なやり取りなので、女性の機微を読むのが下手な僕にとってはとても助かっている。仕事で遅くなることが重なって行くうちに怒りを蓄積されるよりもシンプルで、理解を示されていると感じる。その彼女の姿勢が続くかぎり、僕は結婚してもやっていけると思ったのだ。

みなさんが、結婚相手として重視するポイントはなんですか?「人柄」「経済力」「容姿」「学歴」「自分の仕事に対する理解と協力(仕事理解)」「家事・育児に対する能力や姿勢(家事育児)」の具体的には何でしょうか?それともそれ以外でしょうか?差し支えなければ教えてください。

また、結婚を決意したときというエントリにコメントを頂いた皆様ありがとうございました。様々なお話が聞けて、また、初めての方からもコメントがいただけて嬉しいかぎりです。引き続き、コメントをお待ちしております。

このテーマでは今までの「僕と彼女は結婚する」とは趣が異なりますが、僕の目を通して結婚準備の振り返りをしていこうと思います。ちょっとした余禄としてお読みいただいて、読んだ皆様のコメントや意見をいただけると嬉しいです。

余談。 このグラフを一目してある普遍の事実に気がつく。男性が結婚相手に求める条件に比べて、女性のそれはいつの世も遥かに厳しく、ハードルが高い。こんなに高いと僕も結婚できない。

タグ: 結婚
この記事へのコメント
■ああ?!
難しい!
(>_<)

女の子の方がシビアですよね!それはそう思います!
でもsa104さんとオクサマの結婚した理由は納得です。。
なるほどなあ!
(*^_^*)
http://ameblo.jp/fantasista11/
卿 at 2005年11月21日 16:20
■条件か・・・
結婚を決意したってことにも当てはまるかな?
1)主人の親に対する考えが一緒だったか。
ごめん…一般的な条件とかけ離れているようだけど自分が家族になるわけでしょ?自分の親を素直に尊敬できるって人は家族になっていけるかなって思いました。
2)私に厳しいところ。
Mではありませんよ!ダメなものはダメって言ってくれたから逆に安心できたのかもしれません。

前回結婚してからもめましたと書きましたが、今は平穏な日々です。
ダンナチンのブログに助けられました。オクサマの面白い行動はうちでは「わがまま」とされていました。だから「これを読んで出直しなさい」と言ってやりましたよ!
お互い隠し事せず話せる、これも結婚の条件だったかもしれません。(3)だね。
経済的なこと…いざとなれば私の下着を売るから安心して!と自信を持って言ってます。(余計安心できないって言われました…けど本気☆)
米 at 2005年11月21日 17:20
■条件
 一緒にいて、あきないというか面白い人。笑いのツボが一緒。親や家族に対する考え方が一緒、などなど。

 でもやっぱり「愛」でしょうか。

 私への愛情がすごく伝わってきて夫と一緒にいると安心するんですね。私末っ子なんで、愛されることに慣れすぎてて、常に愛を感じないと不安なんですよ。

 現在、3年目ですが、彼はいまだ私にラブラブなのです。
http://mikibook.ameblo.jp/
みき坊 at 2005年11月21日 19:27
■条件
やっぱり「人柄」が大きいでしょうか。私の場合、自分の価値観をしっかり持っている人(私が優柔不断なので)、そしてまっすぐで嘘のつけない人に惹かれます。
それと「仕事理解」男性の方が仕事を第一優先にするのはいいと思ってます。それより、私が仕事を続けることに理解を示してくれるかが大事です。
でもやっぱり何だかんだいって結局は「愛情」ですね。ちょっとした言葉やスキンシップ、気遣いなどで愛情が感じられる結婚生活が理想です。
今付き合っている彼はそもそも結婚願望がないらしいので、私が結婚するとしたらかなり遠い話になると思いますが。
http://ameblo.jp/euphonium/
@euph at 2005年11月21日 21:05
■無題
> 卿 さん
女性はびっくりするくらい、妥協をしない場面がありますよね。
後悔するよりはずっと賢いとは思うのですが大変ですね。

男は見合うように努力しなければ、ということなんでしょう。

> 米 さん
いやいや、親の価値観はよい着眼点のような気がしますよ。
家族との結びつきが強い場合には特に重要だと思います。色々な意見が伺えるととても嬉しいです。

コメントを読んでいて思ったのですが、結婚相手に、甘いことばかりでなく厳しいことも言ってもらえるとより信頼を強く感じるかもしれませんね。

> だから「これを読んで出直しなさい」と言ってやりましたよ!

そして米さんはコメント欄で僕にアドバイスするわけですよね。米さん→(アドバイス)→僕→(アドバイス)→米さんのダンナさん。という板ばさみの関係が明らかになりました。

ブルセラショップっていままだあるのでしょうか(あらぬ心配)

> みき坊さん

家族観の一致はよいですね。
ある程度似ていれば、自分達で作り上げていくことは可能かもしれませんが、全く違うとものすごく不安ですものですよね。

末っ子気質はオクサマにも通じるものがありそうです。オクサマは、常に僕に愛情の表現を磨くことを要求してきます。思っていても、伝わらなければ意味がありませんしね。

> @euph さん

なるほど、自分にないものを求めるのは本能に立脚しているような気がします。

そしてお互いに愛情を注ぎつづけることが出来るような関係性は条件として求めてよいような気がします。ところで結婚願望がないのは、独身でいたい理由があるからなんでしょうか。立ち入ったことですが、色々な意見に興味があるので、もし差し支えなければ……。
sa104 at 2005年11月21日 23:43
■うーん
人柄とか常識、とかもありますが、一番は「対等な関係が築けること」ですかねぇ。

男女が対等な関係って意外と難しい気がします。女性の私から見ると、上から見下ろしたがる男性が多い。それは「威張っている」という意味だけじゃなくて、女性を「かわいいもの」としてペット的に見ているという意味もあります。(別にかわいがってくれるのが悪いわけではないのですが・・・)

何事もお互い意見を出し合って2人で決めて、生活費も家事も等分するのが私の理想ですね。あ、条件ではなく理想を語ってしまった・・・
http://ameblo.jp/dame-dame/
あやめ at 2005年11月21日 23:58
■無題

> あやめ さん
ふむふむ。対等であることは、お互いの信頼を感じられてよいですね。

ただ、僕もついオクサマをかわいがってしまうことがありますが、決定とか経済面とは切り離したものですかね。他の男性も、そこはそれ、と言うことで尊重はしていると思いますよ。

あと全ての分野でそれぞれ対等じゃなくても、「私はこっちが得意だから、あなたが得意なそっちはお願い」くらいでも対等かな、と思っています。
ご意見が伺えれば嬉しいです。

ちなみに、僕は料理と洗いものものが苦にならない代わりに掃除が苦です。
sa104 at 2005年11月22日 01:24
■興味深いです。
sa104さんの理由の3つのうち、2つは負担にならないことなんですね。
男性は結婚による負担を減らそうとする?
女性は結婚で得るものについて考える?
どうなんでしょう…。

私自身がこの人だ!と思う条件を考えると、
自分の家族や友人が認めて祝福してくれる人がいいです。

「誰も理解してくれないけど、彼本当はすごく優しいの」というような、二人の世界は恋人まで。
結婚相手は自分が一緒にいてうれしいだけじゃなくて、二人が一緒にいることで、周りも嬉しい気分になれるような関係を築きたいです。

ちょっと漠然としてしまいました。

米さんの、私にきびしいところ。ってよく分かります!
ダメだしって出す方も気分のいいものじゃない。
そこを敢えて言ってくれるのが、本当に自分のことを考えてくれてるんだと感じて、心から信頼するようになるんですよね。
ゆみたろ at 2005年11月22日 02:46
■えへへ
ばれました??
アドバイスするまでもなくダンナチンのオクサマに対する優しさは見習って欲しいものです。
ブルセラショップはあると思いますよ。
「絶対売れないから…」って悲しそうでした。
下着を売る→主人危機感→もっと働く。知らないうちにそういう効果が出ているようです。

ゆみたろさん、家族や友人に認められるって大きいよね。実際結婚してみて二人だけじゃなくて大勢の人に支えられて結婚できたんだなって思いますよ。厳しい彼を共感してくれて嬉しいです(が、主人が調子に乗るので内緒にします)
米 at 2005年11月22日 09:04
■無題
> ゆみたろ さん
コメントありがとうございました。
なるほど、他の人にも理解できる二人でいることの良さが伝われば、周りに良い影響を与えることが出来ますね。人に説明することが出来るのは自分達の認識のずれや勘違いをなくす上では重要なことだと思います。

あと、負担にならない事を求める、と言う観点ですが、これは僕の性格にもよるかもしれませんね。
エントリにあるとおり結婚で得るもののは大きいと思っているのですが、背負わずに済む苦労は極力避けたいと思っています。
現実的なものの見方かもしれませんが、物事はプラスだけではなくマイナスがあります。
プラスがマイナスを上回ればそれに越したことはないと思っています。

補足すれば、リスクを分散する意味でも、相手の行動を縛らずに済むという意味でも僕は経済力を考慮したかったのだと思います。といっても、僕が考えているのはごく普通に働いている女性がよいと言う意味ですけれどもね。働く苦労を知っていれば、仕事への理解が得られやすいとも思っていましたし。あと、僕の言う理解とは、「理解したけど不満を溜め込む」のではなく、「理解して不満を伝えその解決方法を二人で意見交換する」ところまでですね。。


> 米 さん
ブルセラショップで検索したら38000件も。
(こんな単語をGoogleに入力する日が来るとは……。)

僕はわがままだとは思っていないのですけれどもね。
小さい頃から弟妹がいたことで育った長男気質と言うものかもしれません。
sa104 at 2005年11月22日 12:32
■条件
やっぱり尊敬できる人かな。誠実で生きてく力(生命力、精神力)の強い人。そして笑顔が素敵で、って私こんなに思ってたんだねー(笑)
sa104さんの条件を読んでいて思ったのが私の彼氏も働いて欲しいって言ってて、同じような事を思ってたのかなって思った。
彼氏の恋人への条件はタバコ吸わない人で、ギャンブルしない人で、家が近い人。だったんだけど、最近黒木瞳のようにとか(いつまでも綺麗でとの意味)結婚に向けて条件が着実にふえているようです(^_^;)
さわ at 2005年11月22日 17:25
■無題
> さわ さん
今後ずっと一緒に生活していくわけだし現実感が増すと条件が増えていくのはしかたないかもしれないですね。頑張って磨いてください:-D

そういえば、オクサマも「生命力、精神力」と言うのを挙げていて、パートナーとして信頼できるポイントの一つに上げていました。
sa104 at 2005年11月23日 10:23
■初めまして。
いつも楽しく読ませていただいてました。これからも楽しみにしてます。

春に挙式を控えてる私もこの質問に
答えさせてください。

彼が真面目だったことが決めてだと思います。
真面目というと捕らえる印象もさまざまだと思うのですが
彼は仕事に対しても、友人に対しても
そして私に対しても誠実で真摯でした。
ものすごく高給取りでもものすごいイケメンでもない彼だけれど
世界一私を大事に想ってくれているのが伝わるのです。
旦那さまとオクサマ同様、食い違いの意見もしばしばあるのですが
それも喧嘩しようと何しようと乗越えれる相手でした。

そういう風に歩み寄ってくれる懐の深さに惚れたって感じですかね。笑
ということで私も決め手は「人柄」です。

彼の決め手は怖くて聞けません 笑


http://27p.blog10.fc2.com/
ニーナナ at 2005年11月25日 15:13
■無題
> ニーナナ さん
はじめまして、コメントありがとうございます。

困難を乗り切れるだろう信頼関係を築けると言うのが重要なのですね。きっと楽しい結婚生活が過ごせることと思います。でも努力は続けてくださいね(笑)

彼の決め手も是非聞き出して教えてくださいー。
sa104 at 2005年11月25日 23:10
■聞いてみました。 
ということで聞き出して見ました。
「頑張ってたから」

だ、そうです。
そういえば出会ったときに
「今まで一人でよく頑張ったね」
と労ってくれたんです彼 笑
http://27p.blog10.fc2.com/
ニーナナ at 2005年11月28日 17:03
■無題
> ニーナナ さん
ほほう。なんとも興味深いお答えですね。そうか、がんばっている人は話をしていても前向きで、とても気持ちがいいですね。

そして、労わられるのはいいですね。
sa104 at 2005年11月29日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。