2004年12月05日

不動産屋を回ってみたよ(その7)

部屋を決めたよ。

彼女の家の近くにある不動産屋に向かい、このあいだ彼女が見つけてくれた間取りを見ながら相談していた。すると、まだ店頭に出ていない物件と出会うことが出来た。

・新築
・家賃132,000円
・2DK(48平米)、全室角部屋で広め(6.1畳6.7畳6.7畳)、採光十分
・全室フローリング
・約四間分のクローゼット
・風呂は追い焚きあり
・家庭用のシステムキッチン(いわゆるマンションタイプではない、3口のガスコンロとシンクのほか、シンク左右に十分なスペースあり)
・駐輪スペースあり

1Fであること以外は、部屋の配置も日当たりもなにもかも希望条件以上で文句がない。そして、ここに、決めた。

ここしばらくの間、方々の不動産屋で100を越える間取り図をチェックし、10件を越える物件の見学をしたのにもかかわらず、結局彼女が今住んでいる地域の駅前の不動産屋で物件に出会った。僕の通勤でほんの少し妥協することにはなったけれど、これでよかった。

僕と彼女は、灯台下暗しの格言を、身をもって知ったよ。そして、比較的早い段階で見切りをつけて妥協する僕は、諦めずにじっくり探すことの大切さを学んだ。彼女の妥協しない性格のおかげだ。

そう伝えると、彼女は「ほら、私の言う通りだった」と少し得意げに胸を張ったよ。
この記事へのコメント
■新居決定
おめでとうございます^^
新たな2人の生活、楽しみですね!
http://nohonoho.ameblo.jp/
nohonoho at 2004年12月06日 09:25
■無題
ありがとうございます。
ちょっとあわただしいけれど、こういう忙しさは喜ばなくちゃいけませんね。
新しい生活に向けてがんばります。
sa104 at 2004年12月06日 11:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。