2004年11月18日

父と母からメールがあったよ

いよいよ、あさって顔合わせ、というところに母からメールが届いた。

結婚後は僕のUターンを強く望んでいる、という内容だった。

いまも3時間ほどで移動出来る距離であるわけだし、条件さえ整えば戻る可能性があることは彼女も僕も了承していることを伝えて、4年くらいかけて考えることを納得してもらったばかりだったはずなのに。

いよいよ、あさって顔合わせ、というところに父からメールが届いた。

顔合わせでは、きめ酒と結納の話をしたい、そして引越しは全部終わってからにしろという内容だった。

結納やる気満々だった。まずは顔合わせで、スケジュールとか、結納やる/やらないを相談することを伝えたばかりだったはずなのに。

もうメールとか電話では埒があかない。当日の朝、顔合わせに行く前に彼女も交えて打ち合わせすることにした。

彼女に打ち合わせの話を相談すると、こころよく同席を受諾してくれた。夕御飯1回僕がおごる条件で、こころよく。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。