2004年10月17日

彼女は緊張していたよ

彼女を僕の両親に紹介して、僕を彼女の両親に紹介してもらう。まずはそこから始めることにする。

まず、僕の実家に電話した。

両親も、祖父母も喜んでいた。楽しみに待っているそうだ、と伝えると彼女は早くも緊張しはじめたよ。

僕の父親は僕そっくりだし、母親は奔放な性格だから緊張しなくてもいいと思うよ、どのくらい奔放かと言うと、1歳の僕を腰紐で柱に繋いで隣で昼寝するくらい。

と僕が言ったら、彼女に笑われたよ。母親が奔放すぎるってさ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。