2009年07月06日

オクサマはジャーナリズムに目覚めたよ

オクサマが加圧ボールペンを買った。

「いいでしょ、上向きでも書けるんだよ」

アウトドア向けの製品で、圧縮空気で書きやすくするらしい。

「ダンナチンも使う?ゴルフとかで」というので「鉛筆使うからいい」と断ったら、オクサマは頬を膨らませ、早速加圧ボールペンで新聞の一面記事で不満の意を表した。

新聞一面

「でも、ほら、鉛筆じゃ改ざん出来ちゃうじゃない!」というので「マーカーがいるからそんなこと出来ないよ」って言うと、追加見出しが躍った。

新聞一面

「そうやってダンナチンはオクサマの買ったものをうらやましがらない!」と言い、「その罪を全世界に暴く!」とオクサマは僕に迫った。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。