RSS このブログをはてなアンテナに追加 このブログあるいはエントリをはてなブックマークに追加 人気blogランキング
2007年10月02日

僕はオクサマに最大級の感謝を示したよ

夜、僕はどうにも眠かった。その日のうちに僕が片付けなければならない家事があったのだが、オクサマにすべてお願いしてベッドで横になった。

しばらくして、すべてこなしたオクサマが「全部できた!褒めて!褒めて!」とベッドに飛び込んできた。しかしもう僕は半分寝ている。褒めたいが頭が働いていないので具体的に感謝の気持ちを伝え褒められない。

「ほめる、ホメル、褒め、ホメホメ」とつぶやきながら、どうしたらこの鈍い思考の中で最大限の感謝が伝えられるか考えているうちに僕は「……ベホメ!」と叫んでいた。

ぜんぜん具体的じゃない。

限界か、と思っていたらオクサマが「ベホメ!ベホメ!褒められた!」と喜んでいた。最上級の感謝の気持ちが伝わったようだ。「ベ」とはなんと便利なメタファーだろうか。

翌朝、「ベホメズンはないの?」と聞かれたので「オクサマは一人しかいないので無意味です」「そしてダンナチンも褒められ手柄が奪われるのです」と答えたらショックを受けていた。



2007年10月13日

オクサマは楽園に平和を!と叫んだよ

ソファでテレビを見ながらくつろいでいたらオクサマが脇から飛び込んできた。「あ、ダンナチンが邪魔されていやそうだ」と笑う。そして脇の間からさらにもぐりこもうとしながら「でもそんなの関係ねえ!」と叫んでいた。

関係ないなら邪魔されても仕方ない、と僕は一瞬納得しかけた。オクサマは、そこに生まれた隙を見逃さず、さらに進み、僕の膝の上に頭をおき、達成感にあふれた表情で一息ついた。 オクサマ パラダイス ピース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。