RSS このブログをはてなアンテナに追加 このブログあるいはエントリをはてなブックマークに追加 人気blogランキング
2007年03月01日

僕はオクサマに熱い視線を送るよ

オクサマをジーっと見ていたのだが気がついてくれなかった。ようやく視線が合い、見詰め合う。しばらくして、今食べているお菓子を一つください、と言ったら「なんだよ、熱い視線で見つめられてる!ポワワ!ってなってたのに!騙された!」と苦情を言いながら一つ分けてくれた。

次の日、今度は熱い視線で見つめてみたら「ん?食べたりないのか?」と一口ご飯を分けてくれた。

思いは口に出さないと伝わらない。
2007年03月04日

僕はひな祭りの献立に失敗したよ

休日、夕食の買い物に行ったらハマグリが売っていた。桃の節句にちなんだ売出しのようだ。ハマグリを手に献立を考えながら買い物をすませ帰宅する。

砂抜きが終わったころにちょうどオクサマが仕事を終え帰宅したのでハマグリを炒め、バジルとパスタと和えた。用意していたモッツアレラチーズとトマトのサラダ仕立て、キャベツのコンソメスープとあわせてテーブルに用意する。

しかしオクサマが申し訳なさそうな顔をしている。僕はオクサマが貝の食感が苦手だったことを思い出す。『ひな祭り→ハマグリ→パスタ→イタリアンっぽく→オクサマの好きなモッツアレラチーズでサラダ』という献立計画が初手から失敗していたのだ。

手が止まる。別の献立を頭の中でめぐらせる。そんな停止している様子を見てオクサマは「貝のエキスは好きだから大丈夫だよ!」とフォローしてくれた。僕はすっかり忘れていたことを詫びながら、ハマグリをよけて準備を終えた。

オクサマは「うううううまーい」と食べてくれた。失敗したけれど好意的な反応がもらえるとやっぱり嬉しいし、次はうまくやれるように努力したくなる。
タグ: 料理
2007年03月05日

オクサマを怒らせるとどういうことになるか身を持って知ったよ

仕事の後、オクサマと待ち合わせて帰った。オクサマの最寄り駅はホームと電車の間がちょっと開いている。ふと、僕がオクサマに落ちたことはないのかとたずねたら「ないよ」といった。そして「お前、何て失礼なこと聞くんだよー」と怒らせてしまった。

帰宅し、手を洗ってリビングに移動すると、オクサマが財布から取り出したポイントカードを手に止まっている。5秒ほどそのままだったので「止まってるよ。コート脱がない?」と言ったら「止まってないよ、読んでいたんだよ」といった。そして「お前、何て失礼なこと言うんだよー」と怒らせてしまった。

「ダンナチンは今日2個失言した。謝罪としていちごサンド3個ね。ポイントとして貯めておくから」

いちごサンドとはセブンイレブンで売っているサンドイッチのことである。オクサマはこれが大好きなのだが、最近コンビニでほとんど買い物をしないので食べるチャンスに乏しいのだ。たまに僕が飲み会の帰りに土産代わりに買って帰ったりもするがそれも回数は多くはない。

僕が、いちごサンドをポイントでためると良いことあるのかと聞くと「えーとね。10個ためると11個になります」と言う。
2007年03月09日

オクサマが寝ぼけるとどういうことになるか身を持って知ったよ

眠りかけているオクサマががつぶやいた。「10ポイントたまりました」いちごサンドポイントを数えているようだ。しかし失言の心当たりはない。いつの間にそんなに貯まったのかたずねたら「オクサマが眠いから」という。

なんという理不尽!

「んー。今、オクサマがまばたきしたから15ポイントになりました」

助けて!
2007年03月14日

僕は一足早くホワイトデーを企んだよ

とうとういちごサンドポイントが25を超えた。この間は2ポイント減らすために買いに行ったら売り切れていて3ポイント増えた。僕は一足早いホワイトデーとして処理をしようと考え、オクサマに内緒で準備をすすめることにした。

休日、いちご・コーンスターチ・生クリーム・食パンを購入する。レンジを使ってカスタードクリームを生成し、冷却。耳を落とし三角に切った食パンにカスタードクリームを塗り、ホイップした生クリームでいちごを支持しながら挟む

ちょうど4ピース完成した時に、仕事を終えたオクサマが帰宅した。オクサマは驚き、いそいそと手を洗う。そして上機嫌でそれを食べはじめ「売っているいちごサンドの味だ!」と叫んだ。

僕が全部食べていいよと薦めると「食べたいけど我慢する」と遠慮する。それでももう一度薦めると「さてはオクサマに甘いものを食わせまくって糖尿病で亡き者にする作戦だな!」と叫ぶ。違うと笑うと「だってほら、昔の人はだんなさんの食事の味付けを徐々に濃くしていって脳卒中で……」と黒い発言をする。オクサマは「きっとダンナチンはオクサマが勝手にイチゴサンドポイントを貯める生活にもう飽きたんだ……」と拗ねる振りをしながらいちごサンドを食べる。

いちごサンドポイントは8ポイントに減った。
2007年03月16日

僕はホワイトデーに間に合ったよ

先日、僕は同僚と飲んでいて帰宅が遅くなった。日付が変わる直前、部屋に到着してすぐさま僕はオクサマに包みを差し出した。間に合った。

「ハッピーバレンタイン!」

間違えた。ホワイトデーだった。オクサマに指摘され言い直す。オクサマは「ゴディバだ!なんでゴディバなの!?」と満面の笑みを浮かべながら受け取る。この間、オクサマがものすごく我慢していたので、今回はゴディバのチョコレートを選んだのだ。

今度は僕が羨ましがる番だから全部オクサマが食べて良いよと言うと「きっと、ダンナチンを羨ましがらせる前に我慢できなくて全部食べてしまうよ」と早速一つ口に運んでいた。
2007年03月21日

ライフプランを考えるよ

オクサマや僕の友人達には、子供が生まれた前後で住居購入をしていたり準備を進めている人がいる。結婚して1〜2年も経つころで、環境を固定するのにはタイミングがよいのだろう。また昨今の金利上昇や消費税率引き上げ議論の行方などから、買い時と判断したのかもしれない。

オクサマも興味を抱いている。僕も買い時であるならば検討の必要があると考えている。ここしばらく二人でライフプランで考えながら相談をし、最近ようやくひとつの方針で合意した。

まず前提として「数年内に子供をもうけることを考えている」「子供が就学をしてからは住居を固定しておきたい」「親の援助は受けず自分たちの身の丈にあった範囲で決断する」と言う点を確認した。また子供が生まれてからオクサマは再就職する希望を持っていることを確認する(資格を持っていることもあり比較的実現は容易だと思う)。

その前提で話し合った結果、住居購入にはいくつかのリスクがあり、現時点でそれを許容するのが難しいと言う結論に至った。まだ家族構成が変化する可能性が高いし、リスクを抱えてまで、急いで購入する理由がないと考えたのだ。ただ購入を見据えて調査と貯蓄は継続することになった。

「今までもどうしても欲しくて買った製品は、ちょっと高くても、あとから良い製品が出てきても、そのときの決断に後悔はしなかったもんね」と言うオクサマの言葉が全てだと思う。今は買い時なのかもしれないけれど、必要なものは必要だと考えるときに買うのが僕らにはあっているようだ。

以下、リスクに関する僕の見解です。それほどたいしたことは書いていませんが興味がある方はどうぞ。ご意見をいただければ幸いです。続きを読む
.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。