RSS このブログをはてなアンテナに追加 このブログあるいはエントリをはてなブックマークに追加 人気blogランキング
2005年06月01日

僕の目は節穴だったよ

「まぁまぁ、もうちょっとゆっくりしていきなよ」

少し早く出勤準備が済んだので、いつもより20分ほど早く家を出ようとするとオクサマに引き止められた。

そこで僕は、オクサマを抱えて、僕の体を背もたれに、オクサマのわきの下から伸ばした僕の手を肘掛にして、ロッキングチェアごっこして遊んだ。「ロッキングチェア!」とオクサマはポーズをとる。

そして遊びながら「そういえば、ここ数日オクサマのダークな部分をじっくり観察しているんだけれど、ぜんぜんわからないよ!」と僕が嘆くと、「今こうやってダンナチンを引き止めているじゃないか!十分ダークだよ!」とオクサマが言った。
2005年06月01日

僕は、部屋の変化に気がついたよ

オクサマ!なんだか最近部屋が片付いている気がします!オクサマが片付けてくれているんだね?と確認すると、「オクサマが片付けたのではなく、オクサマが部屋を汚さなくなっただけです」といわれた。

オクサマが仕事をしていた時はやっぱり精根尽き果てていたことを改めて思い知ったよ。

なんて前向きな解釈!



またオクサマに「ダンナチンは間違っている」と諭されるに違いないよ。
2005年06月02日

オクサマに、この話は書いちゃだめといわれたよ

帰ったらオクサマがへこんでいた。

話を聞いた後、オクサマの元気を出すために、オクサマと踊ってみた。

ずんたった、ずんたったー♪

ずんたった、ずんたったー♪

ずんたった、ずんたったー♪

ずんたった、ずんたったー♪



「ちょっとたのしくなってきた!」



ずーらずらー、ずーらずらー♪


「ぶは!何で急になまるずら!」とオクサマは笑った。



そして「ダンナチンは、やっぱりアホだなー」とも言った。
2005年06月03日

新婚生活には危険が一杯だよ

危うくオクサマのお母さんの前でただいま!オクサマ!ただいま!と玄関先で連呼するところだった。

帰るよ、とあらかじめ連絡して来ていることを聞いておいて、良かった。

新婚生活には危険が一杯だよ。

だからみんな帰るコールをするにちがいないよ。
2005年06月04日

購入するドレスが、決まったよ

連休以来オクサマは、ドレスを色々探していたのだけれども、デザインとコストの面で以前見つけたショップ以上に希望通りのものが見つからなかったようだった。そこでオクサマのお母さんが尋ねてきた翌日、親子二人で以前訪れたドレスショップに出かけて行った。

二人で相談して、若干のデザイン変更とサイズ変更を依頼し、購入するドレスの仮予約をしてきたよ。しめて15万円ほど。レンタルするよりもはるかにリーズナブルだ。あちこち調べて見つけた甲斐が、合ったよ。オクサマのこだわりと根気よさは素晴らしい。

なお、オクサマは早くもそのドレスをパーティードレスに仕立て直す計画に夢をはせていた。
タグ: ドレス
2005年06月05日

結婚指輪が出来上がったよ

指輪がそろそろ出来上がっている頃だったので、受け取りに行ってきた。

僕とオクサマは家に帰ってからすぐに写真をとり、指輪を取り出し、それをお互いの左手に填めた。
2005年06月06日

僕は今日もカエルコールをするよ

帰宅間際、オクサマの携帯電話にかけるがつながらない。
しかし、僕はあわてない。落ち着いて家に電話をかける。

もしもし、オクサマ?また払い忘れて携帯電話を止めたね?

「へへ」

いつものことだからもう慣れたけれど。

「ぎゃー!もう切る!」



新婚だけど我が家のカエルコールは、実は甘くないよ。結構辛口。
2005年06月08日

オクサマは、僕を布団に引きずり込むよ

帰ったら、居間に布団を敷いて寝ころがっている、何かがいた。

「やぁ、おかえり」

「疲れただろ?まぁ、布団に入りなよ」


妖怪ネドコーだ。獲物を見つけると布団に引きずり込む習性を持つ。いま命名した。

必死の抵抗むなしく僕はネドコーに引きずり込まれた。そしてネドコーは言った。

「すまない、ご飯はまだなんだ。」


僕はオクサマらしいオチに大笑いして、オクサマと一緒にご飯を作った。
2005年06月09日

一ヶ月の生活費収支を確認したよ

5月最初に8万円を入れておいた共通財布をさっき確認したら全部レシートに化けていた。

「うひ!葉っぱのお金!」

聞かなかったことにしてレシートから計算をし始めたらオクサマに首を絞められそうになった。いつなんどきたりともダンナチンたるものはオクサマをかまわなければならない。ここはテストに出るのでメモしておいて欲しい、世の男子よ。

二人で食べに行った外食を含めて、食費に約3万円。食器やカーペットなど日用品などの雑費に3万円(差額の2万は6月に入ってからの支出)。そしてこれとは別に、口座から家賃13.2万円、水道光熱費1.5万円、電話代 ・通信費に0.6万円がかかっている。

締めて二人で使った分は21万円くらいになる。生活を始めたばかりなので初期費用として雑費が多いことを除けば、まずまず予想通りだった。これにそれぞれで使う飲み代や小遣い、携帯料金を加えた収支を計算すると、当初の目算どおり、オクサマが仕事をやめても何とか貯金が出来る程度にはなっていたよ。

僕は少し安心した。
2005年06月09日

我が家の夕食に危機が訪れたよ

22時頃、仕事が長引き、ずいぶん遅くなったと思いながらオクサマに電話をした。

「あ、もしもし?サッカー勝ったよ!」

普段、僕がスポーツニュースを見ているとチャンネルを変えようとするくらいスポーツに興味がないオクサマだったが、つい、楽しくて見入ってしまったそうだ。

珍しいね、どうだった?と聞くと「最後ね、乱闘っぽくなって楽しかった!」と興奮した答えが返ってきた。

その答えに、後でニュースで見るよと笑いながら返し、今から帰るよ、と伝えると「すまない、ご飯をこれから準備するんだ」と返事があった。



オクサマの行動は、僕の予測を裏切るようで裏切らないよ。

なお、夕食はとてもおいしかった。

……時間は遅くなってしまったけれど!

「ぎゃー!ダンナチンのいじわる!作ってくれてありがとうって感謝していたのに!許されたと思っていたのに!」


それはそれ。
2005年06月10日

2chの書き込みに、未来のオクサマと僕を、見たよ

2chの既婚男性板に迷い込んだ僕は、あるスレッドの中に、心から同意したくなるレスに出会った。こんな家庭だったら普段から結婚してよかったと思うことが多いだろうと思い、オクサマにも読んでもらった。


「あぁ 結婚してよかったなぁと思った瞬間2」より
211 名前:素敵な旦那様 投稿日:2005/04/06(水) 10:51:23
同級生と中華街に行くとか言ってた日、家の前まで来るとイイ匂い。
ウキウキしながらドアを開けたら、にっこり笑ったカミさんが
ホンコンソース焼きそば(知ってる?)のキャラみたいなカッコで
ソデに手を入れて
「アぃヤー、お帰りアルヨー!」
ヒザから崩れ落ちたね。ナマズヒゲまで付けてるし。
そのヘンな服は小ネタのためにわざわざ買ったのか。
「そうアル。アナタ帰り遅いから何度かスに戻って大変だたアルネー」
「あーパパアルー」娘もかよ!

・・・・バカだこいつ、バカすぎる。
あまりのバカさ加減に、涙が出た。
ああ俺、結婚して良かったなあ。ホントに良かったなあ。




オクサマ、大喜びした。「うちも、やる?やる?」

その前に娘を産むところからはじめないとね、と返すと「そ、それはオクサマが一身に浴びているダンナチンの寵愛を娘に奪われるので今は却下。」

大笑いしたよ。オクサマと結婚してよかったなぁ。
2005年06月12日

オクサマの勘は冴えるよ

オクサマの待ち合わせの予定に合わせ、僕と一緒に二人で出かける。あまり時間はないのだが、途中買い物のために高島屋に寄らなければならない。

代々木からか、新宿からか、何線でどう行くのが一番ロスがない?オクサマの勘で計算するんだ!というとオクサマは「うーん、うーん。」と悩み始めた。

そして「はっ、勘じゃ計算じゃないじゃん!」と僕のボケに楽しそうにつっこんだ。
2005年06月14日

飲み会からオクサマが帰ってきたよ

オクサマが玄関のドアをガバっと開け「伝説の酔っ払いが帰ってきたぞー!」と僕に絡み始めてケタケタ笑った。

意味がわからないよ、オクサマ。
2005年06月15日

オクサマに、何かが芽生えたよ

一ヶ月の収支を計算した後、家庭の家計簿を紹介する番組を見ていた。

似たような家族構成でもっと熟練した節約をしている奥様を見たオクサマは「紙パックのお茶、1日1本として月3000円……自分で淹れたら……」とつぶやいていた。

この夏、我が家で何かが始まるよ。
2005年06月16日

オクサマは、よく鼻が利くよ

僕が風呂から上がると、オクサマがくんかくんかと鼻をならし「なんだかダンナチンから美味そうな匂いがする」と言って僕の二の腕に鼻をうずめてかぶりついた。

食べられる!
2005年06月19日

オクサマは僕の恥ずかしい秘密を暴露するよ

「ダンナチンばかりオクサマの恥ずかしいところを書いてずるい!」

「オクサマもダンナチンの恥ずかしいギャグを暴露してやる!」

そう言われたので『オクサマは暴露するよ』テーマを作成した。

オクサマのコーナーである。記事はまだない。

いつ更新されるか、とんと見当もつかない。何でも自分でブログを持つよりは、思いついた頃にオマケとしてこっそり更新するのが性にあっているらしいよ。
2005年06月19日

今日のダンナチン

借りてきたDVDの製造会社の欄にHテレビと書いてあった。
ダンナチンはその文字をまじまじと見て、
「Hテレビだって。へへ」
と笑った。
Hビデオを連想したらしい。
小学生みたいだよ、ダンナチン。
2005年06月20日

オクサマに、お土産を買ったよ

オクサマの体調が今ひとつ良くなかった。僕は仕事帰りに食材の買出しをして、ついでにお菓子コーナでひとつ選んで帰った。



少し沈んでいたオクサマが、機関車トーマスの形をしたラムネのお菓子を見て少し元気になったよ。中身のラムネ一つ一つがトーマスの顔をしているのを見て、また笑っていた。

そしてオクサマは一気に食べてしまいそうになったけれど「後で中身も一緒に写真を撮る」と一粒残した。だからこの中にまだ一粒ある。
2005年06月21日

オクサマは、僕のシャツを脱がすよ

朝、僕が出かける準備をしていると、いきなりオクサマにシャツを脱がされた。

「ダンナチン、他のシャツ、着ていく?」

どうやらそのシャツがオクサマの好みではなかったようだ。しかし僕は今日はそれを着るつもりだったので取り返そうとするけれど、オクサマはそのシャツを羽織り、僕の要求を拒む。


「オクサマが着ているから、これ、着ていけないね!へへ!」

脱がそうとするとオクサマはふざけながら嬌声をあげる。

……な、なんだか楽しいよ!オクサマ!


朝から大笑いした。

ひとしきり遊んだ後、僕は違うシャツを選んで会社に出かけたよ。
2005年06月22日

オクサマと、協議したよ

6月に入り段々と暑くなってきた。

だからオクサマと協議の上、お風呂の給湯温度を1度下げ、39度に設定したよ。
2005年06月23日

お茶を、たくさん飲むよ

家でお茶を沸かすようになったので、オクサマはお茶を入れておく容器を一つ買ってきた。

「これでたくさんお茶が沸かせる!」と勇んではじめたはずだったのだが、オクサマはコンビニで紙パックのお茶を買っていた。僕も帰りに紙パックのお茶を買ってきていた。

習慣とは、恐ろしいものだよ。
2005年06月25日

今日のダンナチン


テレビをつけると青木さやかが、
「Night of Fire」にあわせてパラパラを踊っていた。
そして、ほかの出演者に振り付けを教えている。
青木さやかは昔パラパラでならしたらしいから別だけれど、
その他の人たちはおそらく初めてなのに、
すぐに振り付けを覚えて踊っている。

「芸能人ってすぐに振りを覚えられるんだね!」
オクサマが感心していると、
ダンナチンは必死で振り付けを覚えはじめた。
いいところを見せたかったみたいだ。

いいところは見られなかったけど、
幼稚園のお遊戯会で踊ってる自分のこどもってこんな感じかなぁ
・・・と思ったよ。
(意訳:がんばっている姿が見られてよかったよ)

注:私もダンナチンも「パラパラ」なキャラではないです。一応。
2005年06月26日

昼下がりのオクサマはのんびりしているよ

お休みのお昼過ぎ、お店の約束の時間に間にあわせるためにオクサマと一緒に出かけようとした。

でも家を出なくてはいけない時間を15分過ぎてもオクサマの準備が終わらないことに、僕は少しイライラしてしまった。


僕とオクサマの間に険悪な雰囲気が流れた。

そして、けんかをしながら駅に向かって歩いていたら、その通り道に面した喫茶店の中の様子が目に入ってきた。

中では、70歳くらいのおじいちゃんとおばあちゃんがいて、おじいさんが「あーん」と口をあけているところに、おばあちゃんがケーキを食べさせようとしていた所だった。

しかし、その瞬間に、店員さんが他のものを持ってきたために、あわてておばあちゃんの手が引っ込められているのを見た。


オクサマに教えると、オクサマも気がついていて「かわいい」と感想が返ってきた。「あんなふうになろうね」ともいった。


それから、僕とオクサマはけんかを再開した。
2005年06月28日

バトンを預かったよ

僕に、ミュージックバトンが回ってきていました。じっぽさんから。10日くらい気づかずにいました。すみません。5年で2枚しかCDを買っていなかった僕ですが、書いてみます。

■Total volume of music on my computer:
4.7GBありました。最近、オクサマが現在MDからネットワークウォークマンに移行して、共有しているので日々増殖しています。それとは別に、図書館から借りてきて変換した落語が11GBほど。

■The last CD I bought:
最後に買ったのは、THE SKETCHES OF MOONDAYS。1997年に発売されたmoonというゲームのサウンドトラックの復刻版で、インディーズのコンピレーションアルバムです。

■Song playing right now:
『おくさまおつおつ』作詞作曲 おくさま/だらだら毎日 COMIC 118

我が家のアレンジを僕が歌うのです。

■Five songs I listen to a lot, or that mean a lot to me:

小沢健二 『愛し愛されて生きるのさ』
The Beatles『MAXWELL'S SILVER HAMMER』


■Five people to whom I’m passing the baton:
オクサマやる?



僕は、音楽に関することは致命的にダメです。でもオクサマと結婚し少しずつ曲を聴くようになった気がします。最近耳に残る曲があると、この曲は?これは誰の?とオクサマに聞いてばかり。いい加減、うるさがられているような気がします。
2005年06月29日

オクサマは、誕生日プレゼントをゲットしたよ

仕事のあと、僕は新宿で買い物をしていたオクサマと待ち合わせた。待ち合わせの間音楽を聴いていたオクサマは「MD Walkmanの電池部分の接触が悪くなって、もうだめみたい」といった。もしだめそうなら前から欲しがっていたNetwork Walkman買う?と聞くと「今働いていないから無駄遣いは出来ないよ」とオクサマは答えた。

僕が誕生日にプレゼントしようか、とさらに聞くと「そんなに待てない」と返事があった。だが僕はオクサマの少し含んだ言い方に気づいた。……オクサマが、欲しがっている!

そこで誕生日プレゼントの前借りをして、今から買って帰ることを提案した。
しかしオクサマに「そんなことをしたら誕生日にへこむから、やだ!」と却下された。そうか、誕生日はケーキと花束だけになっちゃうもんね、と僕が納得しかけるとオクサマは「そうか!花束はあるんだね!?」と目を輝かせた。

30分後、オクサマの右手にはNW-E507がはいった紙袋が握られていた。

「もう、何でダンナチンはオクサマに魅力的な提案をするんだよ!まったく、困るんだよね、ダンナチン!」と文句をいわれながら帰ってきた。

オクサマは一足早く、誕生日プレゼントを手に入れたよ。
タグ: 誕生日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。